森のきのみをみつけよう!

キトヒト第2回は、秋のはじまりということで、きのみをテーマに開催しました。

リズムの森に集合したら、さっそくきのみを探しにおさんぽのはじまりです。

今回は、美山の集落をフィールドに、暮らしのすぐ隣にある自然の中を歩きました。

よりみち、みちくさしながら、それぞれのペースに合わせて、あるいていきます。

今回は特別ながーい列になりました。笑

最後尾にいたのはこのおふたり。結局おさんぽの最後までこの水場で遊びこみました笑

この水場、いつもは奥の溜まり場しかないのですが、こないだの台風で決壊し、ちいさい小川をつくってくれていました。

このこぢんまり感が2歳児のふたりにはちょうどよかったみたいで、ひたすら溜まり場と小川を行ったり来たり。

とことんこどもを見守った親御さんたち、そしてさらにそれを見守るスタッフの姿も印象的でした。

ひとときでは、一応各回にテーマを設けていますが、あくまで「こんなのもあるよ」というだけの話題提供であり、ノルマではありません。私たちは、こどもたち自身が見つけた遊びをとことんやってもらいたいなという想いで活動しています。

おさんぽから帰って、お弁当を食べたあとは、きのみをつかってものづくり。

カップに生け花に使うオアシスを入れ、それぞれ、いろんなものに見立てながらちいさいきのみの森をつくっていました。

いっぽう、リズムの森の広場を走り回ったり、遊具であそんだり、持ってきたカイトを飛ばしてたりと全体としては至極自由な感じ。

リズムの森はキャンプ場なので、火も使えるフィールド。

せっかくなので薪を使って焚き火もしてみました。

火起こしは得意なお父さんに助けてもらい、なんとか。。。

前日にたまたま手に入れた栗も焼いて、食べてみました。うまい。



きのみさがし、ものづくり、森遊び、火起こし、焼き栗、そして親子の自由な時間。

終わってみると、すごく盛りだくさんな時間でした。しかもそれらが無理なく共存している空間がとても居心地よく、素敵な時間をつくっていたと思います。


次回は、キトヒトはしょうが畑の回です。たのしみです!

ひとときの開園日については、Facebookページをごらんください◎

福井森のようちえん ひととき

福井県の森のようちえんです。

0コメント

  • 1000 / 1000