ABOUT

森のようちえんって…

森のようちえんは、デンマークのひとりのお母さんが「自然の中でこどもたちをのびのびと育てたい」という想いから、毎日自分のこどもたちを連れて森の中に通ったことが始まりと言われています。北欧からドイツなどヨーロッパに伝わり、日本でも10年ほど前から広まりだしています。森のようちえんでは、自然のなかでの活動を中心においています。日本の森のようちえんの特徴としては、田んぼや畑など、農的な活動も主軸となっていることが多くあります。

こどもを信じて、見守り、待つ保育

森のようちえんの大きな特徴として、自然の中での活動と同じくらい大切なことが、こどもの育ちを「見守り、待つ」ことです。自然の中で、こどもたちが動き出すこと、発見すること、挑戦することなど、その姿を見守り、こどもたちが自ら育つ瞬間をしっかりと見守ります。こどもたちは、見守られているという安心感の中で、のびのびと自分のやりたいこと、興味のあることに向かえます。自発的な活動に没頭することは、自己肯定感を育んだり、やりぬく力を培うことにつながります。

私たちについて

私たちは、福井市を中心に活動する「このゆび」という任意団体です。森のようちえんなどの自然活動を中心に、おとなもこどももありのままでいられる居場所づくりを行なっています。構成メンバーは、保育士、自然体験活動家、パティシエ、大学教授など、さまざまな立場、それぞれの関わり方で活動を行っています。福井県福井市芦見地区にある民家【このゆびハウス】を拠点にしています。


このゆび・・・こどもの頃にやった「このゆびとまれ」。魅力的な遊びだったら思わずつかんでしまう。その遊びに参加するかどうかは、自分次第。そんな「それぞれの主体性を大切に」という想い。「子の指」。さまざまなひとが、こどもを中心として集い、活動するコミュニティをつくりたい。このふたつの想いを「このゆび」という名前に込めています。

CONCEPT

地域全体が森のようちえん

拠点となるのは、自然体験施設「リズムの森」と、その近くにある民家です。そこを中心として、周辺の山や、川、田んぼ、広場などを、遊びのフィールドにしています。地元の方の協力のもと、地域資源をめいっぱいに遊べる環境を整えています。

山や川、美しい自然が遊びのフィールド

四季折々に姿を変える木々たち。おんなじところへ来ているはずなのに、毎回違う発見が待っています。森の生き物はもちろん、花やきのみ、きのこなど、街の中では出会えないものたちとの触れあいも醍醐味のひとつです。

地域の方も一緒にこどもたちを見守ります

田んぼや畑をしながら、自然とともにある暮らしを続けている方々がいます。そこにある暮らしを大切にしている人たちとともに、こどもの育つ環境をつくっています。

HOUSE

このゆびハウス

福井市西中町に民家を借りて活動拠点にしています。森のようちえんでは、雨の日の避難場所や、落ち着いた遊びを行うための空間、お母さんたちの茶話会の会場として、さまざまな活用方法を想定しています。私たちと地域の人、そして外から訪れた人がつながるための開かれた空間として、このゆびハウスはあります。